ログイン

BLOG/ブログ

今話題のEMSって効果があるの?

2021.03.10

こんにちは👍トレーナーの菅原です☀️

先日、「グレイテスト・ショーマン」っていう映画を観に行きました。
最近は数年前の映画なども映画館で特別放映されたりしています😌

結構流行ったので観た方も多いのではないでしょうか❓
音楽もダンスも映画館で観るとすっごく迫力あって、素晴らしかったです❗️
観た事ない方は是非オススメですよっ💕💕

コロナ禍で色々と考えることも多い最近ですが、私は心が疲れないようにストレスを自己コントロールしております。

体も心も繋がっています。
何か考え事で心が冴えない状態の時は背中も丸まりますし、気持ちが晴れている時は胸を張った姿勢で、なんだか体がシャキッとしたりします。

皆様も音楽を聞いたり、映画をみたり、本を読んだり、YouTubeを見たり、zoom飲み会したり、、、
何か楽しみを見つけながら過ごしてストレスを溜め込まないようにして下さいねー✨✨✨

では、ここから本題に入ります☝️
今回は、トレーニング中にたまに聞かれる質問をテーマにしてみました。
「EMSって効果がありますか?」って質問です。

結論から言うと、効果がありますよって話ですが。。。
それに頼るな❗️と一言加えておきます(笑)

私自身は元々病院に勤めていたので、EMSは患者様にも使用したりしていました。
EMSっていうのは電気の種類を指すのですが、リハビリで用いる電気の種類も色々あります。

E M Sって何?

電流の強さによって、名前が変わります。
そして効果も違います。

低周波:弱い電流で腰や首〜肩周りの筋肉をほぐす作用があります。一般的な整形外科などで使われることが多いと思います。
マイクロカレント:低周波よりもさらに弱い微弱電流で怪我した直後から使用出来ます。例えば、部活で捻挫をしてしまった子が足を冷やす際に同時にマイクロカレントをかけたりします。
これで、何がいいかというと怪我した組織の修復を早める、という効果があります。こちらはアスリートなどが来るようなスポーツ整形では使われると思います。

では、EMSはというと. . .

低周波よりもさらに強めな電流になります。
体に電気信号が入ると筋肉は収縮します。手術後からリハビリする際にいきなり動くことができないので、筋肉が萎縮しないように動けない段階からEMSをかけて筋肉の停滞を防いだり、軽く動けるようになってきたら、電気刺激に合わせて膝を伸ばす運動を行ったりします。

元々の医療現場でのEMSはこのような感じで使用されていました。

が、、、いつの日かダイエットやボディメイクにも使われるようになり、今日に至ります。

E M Sのホントのところ

筋肉を刺激して収縮させることを考えると、筋肉もつきそうだし、シェイプされそうですよね🤗
ただし、ここに落とし穴がある可能性があります💦💦

それは、医療現場で使われるEMSと家庭用のEMSは違うってことです💀💧

量販店などで売られている一般的なEMSのほとんどは低周波に近いとされています。
(もちろん、強いものもあるとは思うので、全てを否定しているわけではないですよっ🙏💧)
また、医療現場で使用されているものでさえも、筋肉を発達させるほどの効果はないと思います。

って考えると、効果がどうなのか❓なんとなく想像できるのではないでしょうか❓
そもそも何の効果を期待しているのか❓にもよりますが、少なくとも筋肉を肥大させる効果は薄いかもしれません😢
ただし、個人的には肩や腰のマッサージ効果や、疲労回復の効果は期待できると思っています。

結局、運動しましょって話

この題のままですが、ダイエットしたい、シェイプアップしたい、筋肉を発達させたい、そのような効果を期待してE M Sを使用するならば、使用してもいいですが、是非運動をやって下さい😄

電気刺激による部分的な筋肉の収縮は脳から「動け」と神経が筋肉に命令をかけている訳ではないので、もちろん使っているエネルギーも微々たるものです😢
身体は一つのシステムとされています❗️
80〜100年くらい使う身体は、電気信号で筋肉をピクピクさせたところで、筋肉が発達したり、脂肪が燃焼するほど単純な作りではないってことです。

もし、皆さんが歩ける方、階段を登り降りできる方であれば、それをやった方が遥かにエネルギーを消費すると思います💖
私が、一人のトレーナーとして発信したいことは、電気量販店のお兄さんよりもトレーナーや理学療法士の方が体について詳しいってことです☝️

  • Ameba
  • facebook
  • instagram
  • Twitter
  • Youtube